コラム

無痛分娩と事故    無痛分娩と腰痛

ええIMG_0004今日のインターネットのあるサイトに
無痛分娩はお産は楽ですが
過去5年の間に死亡事故や障害を持つことになったケースがあり
産婦人科学会で議題に上がったそうです
これがそのサイトです

www.houdoukyoku.jp/posts/15036

私たちマッサージや鍼灸 柔道整体師が勤務数る治療院では

無痛分娩を経験した方々は低い%でのリスクを掻い潜り

過程を営んでいる方々であります。

しかし、出産後に発生する腰痛が問題点になっています。

この無痛分娩では脊椎の外の膜 である硬膜の下に注射をします。

硬膜外血腫などの病名もありますが脊髄に近いために強い神経症状を出してくることが多いようです。
それと同じく、硬膜腔への注射をするときに技術的な問題ではなく
細い注射ハリにも関わらず 硬膜の傷がはっせいします。

ここが問題点なのです。
無痛分娩後の強度の腰痛が発生し
経産婦の生活を脅かす 医療行為になっていることを知ることも大切です。

すぐには症状は出てきませんが

数年後のじわじわ強い痛みが生じてきます。

治療法は一つ 鍼灸治療です。硬膜の癒着を取り払い

神経症状を改善していきます。
鍼灸は薬物は使いません。

一度 そのような経験を持ちかつ

腰痛を抱えるような生活を送られている方は
ご相談ください

また、マッサージも効果はあります

しかし 技量により効果には大きな差が発生します
そのあたりも ご相談ください。


前のページへ戻る