コラム

起立性調節障害の治療について

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA近年、特に中学生や社会人1年生に見らうけられる

起立性調節障害

簡単には朝 起きれない現象です。

原因は様々ですが 詳細は下記を参考にしてください。

ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%B7%E7%AB%8B%E6%80%A7%E8%AA%BF%E7%AF%80%E9%9A%9C%E5%AE%B3

実はわたくし 中学生のころから寝坊人間です。社会人になっても寝坊で会社に遅れることが多々ありました。

それとこの起立性調節障害の区分というものに疑問があります。

多くに人がこれ・・・・

となると この疾患は 自律神経の乱れが原因と言われています。

交感神経と副交感神経のバランス

若年性自律神経失調症ともいわれますが ただの寝坊助とこの疾患の違いは

寝坊助出身のわたくしはすごく理解できます。

朝寝坊=病気の法則です。

これは医療関係者でもわからないことが多いと思いますが

私には理解で来てしまうことを真摯に受け止めて 治療に役立てていきたいと思います。

治療方法は主に 針 マッサージ治療です。

体の各部分から見分けることができる 自律神経反射区分を利用して 経血を取穴し

体のバランスを整えていきます。同時にマッサージで血流を改善 そして骨盤矯正で仕上げます。

この治療計画を週に2回 4週間で改善を計画していきます。

ぜひご相談ください。


前のページへ戻る