コラム

足首の疲労骨折について 高校野球部

kurubusi_img_042何もしていないのに足首が痛い
野球の練習しかしていないのに 痛んでしまう。

体重が重い いろいろなことが感えられますが

疲労骨折の考えます。

よく疲労骨折をする部位は 足の 2番 5番目の骨です。

しかし、そこが痛いわけではなく 痛みは足首前面に来ます。

ここが不思議な現象ですが負傷個所と痛みの場所が違うとこらが

診断のみそ 治療のコツにつながります。

治療法は 当院独自の方法がありますが

他の医療機関では 安静のみとの診断を受けて 包帯をすることもなく 湿布のみ・・・

それでは改善には半年かかります。

いかにプレーを続行しながら直しことに着目を置いた治療をするかがポイントです。

治り方はこのような経過を追うことが多いです。

筋肉痛の痛みが緩和されると同時に足首の骨折の痛みも無くなっていることに気づいてきます。 

骨折した骨の辺りが  硬い という違和感は不快でな感じはありましょうけれども、

ここで良い兆候な気がするはずです。 神経に触れる辺りが運動で発達した筋肉に固められたか

または脳にインプットされてた痛みの記憶がシャットアウトされて 痛みの芯が消えたと感じます。

疲労骨折で困惑のみなさん 一度 当院の 治療 当院の考え方を受けてください。 


前のページへ戻る