コラム

バッテイング時の左肩の痛み(右打者)

52562_3dc96b7705_m

野球を志すお客様の多くには
高校球児 学童野球だけではなく 一般の草野球を熱心にされる方も大勢おられます。

そんな中 今日来られたお客さは 打つ時に左肩が痛い(右打者)の治療です。

さまざまなスイングがありますが アッパー レベルの考えは置いておいて

フォロースイング時に肩が抜けるような 挟まるような激痛が出るようです。

可動域は確保され ノーマル
しかし 頸椎からくる 筋委縮が上腕に認められます。

筋力強化も課題ですが このようなインピンジメントの状態で筋トレーニングも
支障をきたします。

治療法ですが
まずは関節のローテーションを決めるために前方転移した上腕骨をノーマル 良肢位へモイラオイゼーションを
かけます。
同時にPNF促通手技を使い 肩関節の回旋を自由に フルレンジ動くようにローテーションを作り出します。

動作の初めは痛みが出るかもしれませんが PNFを活用すると とても関節の動きが円滑になります。

肩の動きが気になる 痛みが出る お客様は一度ご相談ください。


前のページへ戻る